グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ





No.044 ブレインフード

いつまでもクリアな頭脳を保ちたいとの思いは、人類共通の願いではないでしょうか?
そうした思いにこたえるように、「脳の健康」に役立つ栄養素の研究も進んでいます。


ブレインフードの考え方

私たち誰もが望むこと、それは「健康で長生き」すること。
しかも、寝たきりや認知症にならず、生活の質(QOL)が高い状態で人生を全うしたいと思うものですが、これには脳の健康が不可欠です。
脳を健康に保つための様々なアプローチがあり、食品によって脳を健康に保ちたいと言うのが、ブレイン(脳)・フードの考え方です。
明確な定義はありませんが、脳の活性化のために必要な栄養素、脳機能障害を予防するための食品が「ブレイン・フード」と呼ばれています。

ブレインフードの種類

ブレインフードは、その特徴でいくつかに分類できます。
 
○血流改善
【イチョウ葉エキス】には、血管を拡張して血流を改善し、酸素や栄養素を脳にスムーズに供給する働きがあり、 ヨーロッパでは痴呆症の改善薬としても利用されています。
ドイツのCommission E(薬用植物の評価委員会)は、記憶障害、耳鳴り、めまいの改善に対するイチョウ葉抽出物の使用を承認しています。
 
【ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウ)】には、赤血球を柔らかくする効果が知られており、赤血球が脳内の細い血管も通過できるようになることで、スムーズな酸素供給の 役に立ちます。
 
【EPA】には血小板凝集抑制作用があり、国内では動脈硬化症の医薬品としても知られています。DHAは細胞膜を柔軟にし、血流改善に役立ちます。
 
【ホスファチジルセリン】は大豆由来のリン脂質で、脳の細胞膜の柔軟性を高め、血流を良くする働きがあります。アルツハイマー病の症状改善が確認されています。
 

○抗酸化
【アスタキサンチン】は天然色素の一種で、強力な抗酸化物質です。また、血液脳関門を通過することができる数少ない抗酸化物質であり、脳内で活性酸素を抑えることで、脳細胞へのダメージを防ぐことが期待できます。
 

○神経伝達物質
神経伝達物質「ドーパミン」の前駆体となる【チロシン】や、同じく神経伝達物質である【GABA】(γ-アミノ酪酸)などは、脳内に神経伝達物質を増やす手助けになります。
※GABA自体は、脳血液関門を通過できませんが、グルタミン酸に変換され、脳内で再度GABAになると言われています。
 

○脳機能改善
【DHA】には、記憶・学習機能の向上、認知症改善効果が知られており、マウスの実験では、DHAの摂取量により老人斑面積が減少したという報告があります。
 

○抗炎症
アルツハイマー病患者の脳には慢性の炎症病変が生じていることから、【アスタキサンチン】、【レスベラトロール】、【カプサイシン】など、抗炎症効果のある栄養素にも治療・予防効果が期待されています。

注目のブレインフード

最近では、クルクミン、フェルラ酸も注目されています。
 
【クルクミン】
クルクミンは、ウコン(ターメリック)に含まれるポリフェノールです。
クルクミンには、フリーラジカル消去能以外に、抗炎症作用、抗癌作用、肝臓保護作用、血栓形成抑制作用、心筋梗塞防止作用、低血糖防止作用、抗リウマチ作用、抗アミロイド作用などの幅広い作用が知られています。
認知症への効果も研究が行われ、疫学研究では、カレーを多く食べるインドは、人口比率に対するアルツハイマー病患者がアメリカに 比べて少ないことが報告されています。※1
 
【フェルラ酸】
フェルラ酸は、米ぬかに含まれている成分でポリフェノールの一種です。
近年、強い抗酸化作用、アルツハイマー型認知症への効果、うつ病予防、高血圧改善に期待が高まっており、動物実験では、アルツハイマー病型認知症で有効性が示唆されています。※2

サプリメントよりも大事なこと

上記のような栄養素は、食事だけでは十分に摂取することが難しいものも多く、その場合、サプリメントの活用が有効となるケースもあります。

一方、アルツハイマーの予防には、栄養素以外にも運動やカロリー制限が有効なことがアルツハイマー病モデルマウスの実験で示唆されています。

安易にサプリメントに頼る前に、まずは運動や食生活の改善に取り組むのが大切です。
 
参考:アンチエイジングヘルスフード:サイエンスフォーラム
機能性食品ガイド :講談社
※1 Arch Neurol. 2000 Jun;57(6):82430.
※2 Br J Pharmacol. 2001 May;133(1):89-96



情報提供元:株式会社ヘルシーパス

アンチエイジング

診療時間のご案内
午前9:00~12:30 / 午後15:00~18:00
日曜日・祝日は休診 / 木曜日・土曜日は午後休診
電話番号:054-247-5522
医師別の診療時間・休診
当クリニックへの交通アクセス

病気にならないために!アンチエイジングのすすめ
老化を防ぐ知恵とコツ