グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




ホーム  > アンチエイジング > アンチエイジングトピックス

アンチエイジングトピックス

アンチエイジングに関するトピックスをご紹介します。


お医者様は、医薬品の副作用や医薬品同士の相互作用について、十分な情報に触れ、毎日の診療に活用されておいでです。ぜひ、医薬品とサプリメントとの関わりについてもご確認ください。


お医者様は、医薬品の副作用や医薬品同士の相互作用について、十分な情報に触れ、毎日の診療に活用されておいでです。ぜひ、医薬品とサプリメントとの関わりについてもご確認ください。


高齢者を中心とした入院患者の3割から5割は栄養不足の状態にあります。


透析患者さんは、低栄養状態に陥りやすいと言われています。その原因と対策についてご紹介します。


セントジョーンズワートと医薬品の相互作用 についてご説明します。


サプリメントはここ数年で急速に認知度を上げています。しかし、サプリメントもしっかり選ばないと、添加物だらけで栄養素は僅か、しかも、原料は化学合成由来というサプリメントも世の中には多くあります。サプリメントの品質は、使用原料、配合量、添加物、安全基準などの情報から判断することができます。


サプリメントに配合されているビタミンの含有量を見ると、これだけ摂っても過剰症の心配はないの?と思われる方もいらっしゃいます。ここでは、ビタミン・ミネラルの安全な摂取量について、ご説明します。


糖尿病は糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な合併症をきたす危険性のある病気です。ビタミンミネラルの中には、血糖のコントロールに注目され、エビデンスがあるものもあります。


医師が患者様の為に選ぶサプリメントに求められる条件をまとめました。今回は2回シリーズの第1回目です。


医師が患者様の為に選ぶサプリメントに求められる条件の第2回目です。


医薬品を摂取することで、栄養素の体内濃度が減少することが知られています。


鉄の摂取不足が女性の不定愁訴の原因になっている可能性があります。


サプリメントの基礎知識についてご紹介します。


病気にならないため、より高いレベルの健康を目指すため、なんとなく体がダルいから…サプリメントを選ぶ理由は人それぞれです。


栄養素の補給には、病気を予防する働きも期待されています。今回は、私たちにもなじみの深い「動脈硬化」と栄養素のかかわりについてご紹介します。


風邪やインフルエンザに罹らないために、日頃から免疫システムが正常に働くようにしておくことが大切なのはご存じのとおりです。私たちの免疫システムの強化に役立つ栄養素には様々な種類があり、その対策方法で次の3つに分けることができます。


「サプリメントはいつ飲んだらいいの?」「何で飲めば良いの?」などの質問が寄せられます。そんな質問への回答をご用意しました。


新型インフルエンザの対策について、「サプリメント」ができることとは・・・


アレルギー(花粉症)対策の栄養素についてご紹介します。


なぜ歯科なのにサプリメントを取り扱うの?と思われる方もいらっしゃると思います。実は、歯科にもサプリメントをお使い頂くうえで、他の診療科にはない「歯科ならでは」のメリットがあるのです。


マルチビタミンミネラルのサプリメントは、摂取量の目安通りに飲んでいれば、過剰症になることはありません。
でも、それは、日本人向けに配合が決められている場合のこと。外国製のマルチビタミンミネラルの場合には、過剰症の危険のある栄養素が含まれている可能性があります。


亜鉛は、味覚障害や性機能不全に関するミネラルとして有名ですが、他にも、体内で重要な働きをしています。
一方、亜鉛欠乏症の患者は、多くの医師が考えているよりも多く存在する。との報告もあります。


サプリメントには食品添加物が使われています。サプリメントを作るうえで、添加物はゼロにはできませんが、メーカーは、できるだけ少なく、安全なものを使うことができますし、消費者も、知識武装することで、より安全なものを選ぶことができます。


カルシウム(Ca)は、知名度の高いミネラルの一つです。でも、現代の日本人では、実際にどのくらい不足していて、その不足を補うためには、どんな食べ物から、どんな食べ方の工夫があるのか?また、医薬品との相互作用のリスクなど、意外に知らないことも多いのではないでしょうか?


(株)ヘルシーパスでは、過去2回(08年5月、09年4月)、予防医学に関心が高いと思われる先生を対象に、サプリメントの活用状況調査をおこないました。調査への回答数は、2回の合計で276。主に院長先生から回答をいただくことができました。


サプリメントを飲んで、お腹がゴロゴロしたり、下痢気味になるなどの症状がでる可能性があります。ひどい症状になることは稀ですが、それは、「乳糖不耐症」が原因かもしれません。


近年、関節痛対策として「コンドロイチン」や「グルコサミン」が配合された健康食品が注目され、多くのメーカーから発売されています。また、同じ目的のOTC医薬品もあり、どれを選んだら良いのかわからないという消費者も多いようです。


紫外線は、シミやシワの元になるだけでなく、皮膚癌のリスクを増加させます。紫外線のピークは6月~8月。外に出る機会の多いこれからの季節は特に注意が必要です!!


2009年7月に、カロリー制限が長寿や高齢者の認知機能維持にも役立つ可能性が霊長類(アカゲザル)でも明らかになり、世界的なトピックスとなりました。そんな中、カロリー制限をしなくても長寿遺伝子を「ON」にする物質として注目を 浴びているのが 「レスベラトロール」です。


夏バテ対策に役立つ栄養素をご紹介します。


「ビタミンB6」「ビタミンB12」「葉酸」のビタミンB群3種の適切な量の摂取は、血中のホモシステイン値を下げ、動脈硬化、骨粗鬆症の予防になるとして注目されています。


近年、精神分野におけるオメガ3系脂肪酸の効果が注目され、精神疾患の予防や進行の抑制に有効であるとのエビデンスも報告され始めています。


「ダイエットのためにサプリメントを利用したい」という方はたくさんおられますが、サプリメントだけでダイエットできるものではありません。
ただし、栄養素と適切な運動、正しい生活スタイルの組み合わせで、ダイエットに役立てることはできそうです。


「骨と栄養素」と言えば、カルシウムが頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか?
もちろん、カルシウムは大切な栄養素ですが、それ以外にも大切なものがあるのです…。


ビタミンCは、良く知られているビタミンで、サプリメントとしても広く利用されています。
1954年にノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリング博士のビタミンC大量療法が有名ですが、近年、高濃度ビタミンC点滴療法が、ガン治療、美容目的で注目を集めています。


食物繊維は、「役に立たない食べ物のカス」と認識されている時代がありましたが、近年では、その機能性の高さから「第6の栄養素」といわれ、2000年の「第6次改定日本人の栄養所要量」からは栄養素の1つとして、摂取量の目安が設定されるようになりました。


女性の不定愁訴の原因には、鉄欠乏性貧血が多くあります。
貯蔵鉄は欠乏しているのに、ヘモグロビンの値が正常なことも多く、この場合一般の血液検査では貧血を発見するのが困難です。患者さんは、貧血とは診断されないのに体調は悪く、薬も処方できない!いう状態になってしまいます。


近年、便秘・下痢対策やアレルギー、アトピー改善のため、腸内環境が大切といわれています。
腸内環境の改善には、「プロバイオティクス」が重要な働きをしています。


歯周病は、心疾患、糖尿病、骨粗鬆症などの重大な疾患との関連も注目されています。
そのため、メンテナンスや栄養の補給で、口腔内を健康に保つことは、QOLの向上につながります。


夏バテ対策には、エネルギー生産に重要な働きをしているビタミンB群の摂取が役に立ちます。
ビタミンB群には、精神、発育、修復、抗酸化など、実に多彩な働きがあります。


体内に存在する量は僅かですが、とても大事な働きをしている栄養素にビタミンやミネラルがあり、その中でも特に量が少ないものに「微量ミネラル(トレースミネラル)」があります。


ビタミンDは、近年、注目を集めている栄養素で、骨粗鬆症、がん、インフルエンザ、パーキンソン、認知症対策にも効果が期待できそうです。


妊婦さんには「葉酸」が必要であることは良く知られていますが、葉酸以外にも重要な栄養素があります。


いつまでもクリアな頭脳を保ちたいとの思いは、人類共通の願いではないでしょうか?
そうした思いにこたえるように、「脳の健康」に役立つ栄養素の研究も進んでいます。


高齢期には、体の各部位に様々な変化が生じてきます。
変化を知り、変化に上手に対応することで、いつまでも若々しさを保つことを目指したいものです。


私たちの生命活動にとって、アミノ酸は大切なものであることはすでに良く知られています。
今回は、その種類・働きについて、整理してご紹介します。


働き盛り世代のお父さんに「いつまでも元気で活躍してもらいたい!」との思いは、どのご家族でも同じではないでしょうか?
そんなお父さんに「健康で頑張ってもらうため」の情報をご紹介します。


大震災、パンデミック、放射能汚染… などの緊急時には、心身ともに多大なストレスにさらされ、栄養素の要求量が増える一方、食事からの栄養素の摂取は著しく制限されてしまいます。


リポ酸は10年ほど前から、その強力な抗酸化作用が注目されていました。
最近では放射線障害にも対応する抗酸化物質として、改めて脚光を浴びている栄養素です。


女性の体は一カ月の間でも大きな変化があり、一生のうちでも、妊娠・出産などで大きく変化します。
女性には、それぞれのライフステージごとに様々なお悩みがあります。


人生の中で最も栄養を必要とするのは小学生から高校生にかけての成長期で、この時期は多くの栄養素を成人並みに摂取する必要があります。
このため、栄養欠乏を起こしやすい時期でもあり、適切な栄養補給が特に大切です。


アミノ酸は、筋肉や臓器の基本成分として、また、神経伝達物質や酵素などの構成成分ともなり、生体内の様々な生理機能を担っている大切な栄養素です。


「美肌」は女性にとっては感心の高い事柄の一つです。
栄養素の欠乏を補ったり、積極的に補給することで、「美肌作り」に役立てることが期待されています。


「眼」をターゲットにしたサプリメントが世の中に増えてきており、最近では、加齢性眼疾患と生活習慣や栄養素の密接な関わりを示す研究も発表されています。


ビタミンは5大栄養素のひとつで、生命活動には不可欠な要素です。
口から入ったビタミンがどのように体内で吸収され、利用・貯蔵されるのかをご紹介します。


イソフラボンは、補給することで女性ホルモンに似た効果を発揮し、女性が抱える様々な悩みをサポートすることで知られています。


女性のからだは女性ホルモンとその分泌量によって支配されており、ライフステージの様々な変化に深く関与しています。そのため、不足の際の適度な補充は効果的ですが、注意が必要な場合もあります。


お酒と上手に付き合うための栄養学的なアプローチをご紹介します。


サプリメントに関して多くいただく質問と、回答をご紹介します。


2012年4月、消費者庁が発表した「食品の機能性評価モデル事業」において、様々な健康食品の機能性について海外、国内の文献を調査した結果、総合評価が最も高く、再注目されている成分に「オメガ3系脂肪酸」があります。


コエンザイムQ10は、別名ユビキノンとも呼ばれる生命活動に不可欠なビタミン様物質です。


グァーガムは水溶性の食物繊維で、様々な優れた生理効果を持っていることが知られています。
特に「グァーガム分解物」は特定保健用食品(規格基準型)の関与成分としても許可されています。


夏は紫外線対策、冬は乾燥対策と、肌へのケアは年中欠かせないという方も多いはず。
今回は、肌を美しく、元気にするのに役立つ栄養素の第2回目をお届けします。


2010年、国内認知症の患者数は200万人と言われていましたが、高齢者人口の増加とともに2020年には325万人まで増加すると推定されています。


腸は「第2の脳」とも呼ばれるほど体の健康を維持するための多彩な働きを担っています。
近年、そうした腸の機能が見直され始め、腸と栄養に関する密接な関係も改めて注目を集めています。


ビタミンEは脂溶性のビタミンで、抗酸化作用が強く食品の酸化防止剤としても幅広く利用されています。
また、アンチエイジングや様々な症状への有効性も期待される、有名な栄養素のひとつです。


厚生労働省は、平成15年、水銀の害を防ぐため、「妊婦が注意すべき魚介類の種類とその摂取量(筋肉)の目安」を発表し、母子手帳でも注意喚起されるようになっています。


北半球に位置する日本では、12月から3月にかけて季節性インフルエンザが流行します。
インフルエンザへの対策法はいくつかありますが、今回は、「インフルエンザ対策とビタミン」についてご紹介します。


2010年時点での国内認知症高齢者数(※)は280万人と報告されていますが、2020年には410万人にまで増加すると予想されています。
今回は、世界的な疾患として注目される認知機能に役立つ栄養素についてご紹介します。
 ※日常生活自立度II以上の65歳以上の高齢者数


オメガ3系脂肪酸、亜麻仁油、EPA、DHAなど、サプリメントの原料や添加物にも油脂や脂肪酸は多く使われています。
今回は、そんな「あぶら(油脂、脂肪酸)」についてご紹介します。


放置しておくと将来ロコモティブシンドロームや、骨粗しょう症性骨折の原因となり、ひいては寝たきりの原因にもなると言われているサルコペニア。
その現状と予防対策方法についてご紹介します。


平成27年度~32年度の5年間使用される「日本人の食事摂取基準2015年版」の概要が発表されています。
現行の2010年版から耐容上限量などが大きく変更される栄養素もあるため、今回は変更内容を簡単にご紹介します。


一般的に「血中ホモシステイン値が高いと動脈硬化になりやすい」、「葉酸不足だとホモシステイン値が上がって心疾患に罹りやすい」等と言われています。
今回は「ホモシステイン」と疾患の原因となり得るメカニズムをご紹介します。


日本でも女性の働く機会がますます増える中、「月経困難症」と呼ばれ、日常生活を営むことも困難であると訴える女性が増加していると言われています。
今回は、月経困難症の実態と栄養学的アプローチをご紹介します。


「放射性物質」と聞くと漠然と怖いイメージがありますが、相手がどんなもので何が危険なのかを知ることで冷静に対処することが可能です。
今回は、放射性物質と放射線対策についてご紹介します。


サプリメントは特定の栄養素を多量に摂取できるというメリットがある一方、健康被害のおそれもあるため、
国が様々な法制度を定めています。
今回は、サプリメントの表示に関わるルールをご紹介します。


水銀は、温度計や蛍光灯、ワクチンの防腐剤など、私たちの身近なものに使用されていますが、水俣病の
原因にもなった毒性の強い金属です。
今回は水銀の汚染経路と体内動態、デトックスについてまとめます。


サプリメントを摂取するにあたり、その飲み方について悩まれている方が多くいらっしゃいます。
今回はビタミンやミネラルを中心にサプリメントのお勧めの摂取タイミングや摂取方法についてご紹介します。


最近、腸内細菌叢が及ぼす作用を話題にしたマスコミの報道が増え多くの方がその働きに関心を持つようになってきました。今回は腸内細菌叢のなかでも特に重要なビフィズス菌の有用性をご紹介します。


抗酸化栄養素は体内でお互いに助け合いながら働くため、単体での摂取よりも複数種類を摂取する方が各栄養素の働きが良くなると言われています。
今回は、相性の良い5種類の抗酸化栄養素の働きと効果をご紹介します。


日本人にとって親しみのある栄養素の一つに魚油に豊富に含まれるEPAやDHAがあります。

これまで中性脂肪を低減させる効果は医薬品でよく知られていますが、今回はEPAやDHAの有効性に関する最新の情報をお届けします。


アンチエイジング

診療時間のご案内
午前9:00~12:30 / 午後15:00~18:00
日曜日・祝日は休診 / 木曜日・土曜日は午後休診
電話番号:054-247-5522
医師別の診療時間・休診
当クリニックへの交通アクセス

病気にならないために!アンチエイジングのすすめ
老化を防ぐ知恵とコツ