グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療のご案内 > 専門外来 > 炎症性腸疾患専門外来 > 当院で行っている治療について

当院で行っている治療について


5-ASA製剤(ペンタサ®、アサコール®、リアルダ®、サラゾピリン®)、5-ASA局所製剤(ペンタサ坐剤®、ペンタサ注腸®)、ステロイド局所製剤(レクタブル®、プレドネマ®、ステロネマ®)による標準的治療以外に、ステロイドによる寛解導入療法、免疫調節薬による寛解維持療法も行っています。
また、難治の方には下記の生物学的製剤による治療も積極的に行っております。
・抗TNF-α抗体製剤(レミケード®、ヒュミラ®、シンポニー®)
・抗α4β7インテグリン抗体製剤(エンタイビオ®)
・抗IL-12/23抗体製剤(ステラーラ®)
 
炎症性腸疾患の治療法は日進月歩であり、多くの治療が選択できる時代となりました。当院では、製剤の特性やそれぞれの患者様のライフスタイルも考慮し、最適な治療法をご提案しております。