グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > アンチエイジングトピックス > No.045 高齢期の栄養素

No.045 高齢期の栄養素


高齢期には、体の各部位に様々な変化が生じてきます。
変化を知り、変化に上手に対応することで、いつまでも若々しさを保つことを目指したいものです。

高齢社会 日本

現代の日本は、2007年から高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)が21%を超え、超高齢社会に入っています。
また、平均寿命も、2008年で男性79.3 歳、女性86.1歳となっており、2055年には男性83.7歳、女性90.3歳と予測されています。(平成22年版高齢社会白書)

高齢期(65歳~)における体の変化

高齢期には、体の各部位に次のような変化が現れます。

筋肉・骨

  • 30歳を過ぎると、日常生活のみでは筋肉量は年間1%ずつ衰えるとの研究がある。骨密度も加齢とともに低下、特に閉経後の女性は骨量の減少が顕著。
  • 運動量が低下するため筋肉が減少する。基礎代謝が減り、太りやすくなるとともに、骨粗鬆症リスクが増大する。
  • 加齢による骨格筋の消失は、筋力低下、歩行と平衡感覚の変化、身体機能の低下の一因となる。

感覚器官

  • 舌の乳頭と嗅神経終末数の減少、入れ歯の使用、認知症、薬物治療等による味覚・嗅覚障害がみられる。
  • 長年の紫外線照射により水晶体の蛋白が変性し「白内障」になる。また、加齢に伴い水晶体の弾性が失われるため、毛様体筋の調節機能が不足し「老眼」になる。

消化器官

  • 消化管機能低下による栄養素吸収率の低下。(例:胃酸の量が減り、ビタミンB12の吸収ができず、ビタミンB12欠乏症になりやすい。)
  • 加齢に伴う大腸の変化や運動量の低下によって便秘になりやすい。

ホルモン

  • 加齢に伴って低下するホルモンには、成長ホルモン、IGF-1、DHEA-S、メラトニン、女性ホルモン、男性ホルモンなどがある。
  • 閉経後、性ホルモンが減ることで、骨形成機能が衰え、骨粗鬆症になりやすくなる。

その他

  • 血管弾性が低下するため、高血圧、心血管疾患になりやすくなる。
  • 腎機能の低下(主にネフロン数の減少)により体液の酸塩基平衡が衰え、ホメオスタシス(恒常性)が乱れる。
  • 神経伝達物質合成の減退、神経伝達の効率低下による神経、精神障害。
    (例:セロトニン合成能の低下がうつ、不眠、神経疾患に関わる。)
  • 体液性免疫、細胞性免疫が損なわれ、感染症のリスクが増大。個人差もあるが、70歳代の免疫力はピーク時の10%前後まで低下すると考える研究者もいる。

高齢期に特に重要な栄養素の一例

高齢期では、次のような栄養素が特に重要となります。

タンパク質

高齢になると、骨格筋のタンパク質貯蔵が減り、タンパクやホルモンの合成に不足が生じる ため、食事によるタンパク質摂取の重要性が増す。

亜鉛

味覚障害、嗅覚障害、免疫力向上、食欲不振に関わる。褥瘡の予防、治療にも効果が期待できる。

カルシウム

欠乏すると、骨粗鬆症になりやすい。加齢によりカルシウム吸収率が低下する。

抗酸化物質

ビタミンC、ビタミンEなど:細胞傷害予防(白内障、心疾患、がんなど)に役立つ。

ビタミンD

骨粗鬆症、大腸がん予防等に役立つ。日光からビタミンDを合成する能力は、高齢者では約60%低くなるとも言われている。

ビタミンB6

不足すると抵抗力が落ちたり、筋肉が弱ったり、不眠、うつ、食欲低下の原因にもなる。

高齢者への栄養補給の問題点

高齢者は、体組成の変化、基礎代謝率の低下、運動の減少により、一般にエネルギー所要量は低下しますが、タンパク質、ビタミン、ミネラルの所要量はあまり変わりません。
また、上記のとおり、様々な栄養素の補給がQOLの向上に役立つと考えられていますが、一方で、高齢者の場合、上手く噛めなかったり、胃がもたれる、味覚障害などの原因で食が細くなり、食事の量自体が減ってしまいがちです。
しかも、胃腸の機能低下により、吸収率も悪くなっているため、食事だけでは十分に栄養素が摂取できないという状況にあります。栄養素が欠乏することは、さらなるQOLの低下を招いてしまいます。

食事だけでは十分に補うことの難しい栄養素は、サプリメントによって効率的に補給することができます。

(参考) 
アンチエイジング・ヘルスフード:サイエンスフォーラム
食品・栄養・食事療法事典:産調出版
日本人の食事摂取基準2010年度版:第一出版
情報提供元:株式会社ヘルシーパス