グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 安心・快適へのこだわり > 当クリニックにおける新型コロナウイルス感染症対策について

当クリニックにおける新型コロナウイルス感染症対策について


令和2年4月14日

当クリニックでは、この度の新型コロナウイルス感染症の流行に対しまして、患者様が安心して受診していただけますよう、下記のような対策を行っております。
政府の指針、関連学会からの提言に基づいた迅速な対応を行うだけでなく、当クリニック独自の取り組みも積極的に行い、感染対策に努めております。

1. アイソレーションルーム(隔離室)使用による院内感染防止

発熱患者様、感冒様症状のある患者様は、一般外来時間と別時間帯でご来院いただき、アイソレーションルーム(隔離室)で個人防護具着用にて診察を行うことで、その他の患者様との接触を回避しております。

2. アルコール消毒による環境整備

診察室の椅子や扉は1時間ごと、接触面や医療機器、物品などは随時、アルコール消毒しております。また、院内には患者様が使用可能なアルコール消毒薬を設置しています。

3. 換気、空気清浄対策

診察室、内視鏡室、処置室は一定時間ごとに十分な換気を行っています。また、各フロア、診察室、処置室に光触媒搭載の空気清浄器を35台設置し、院内感染防止を図っています。

4. 内視鏡前処置、内視鏡実施時の工夫

日本消化器内視鏡学会の提言に基づき、飛沫を誘発する前処置の回避、運用変更を行いました。また、内視鏡医は個人防護具着用を徹底し、自身への曝露、環境汚染の予防に努めております。

5. 職員の感染予防策

出勤前後の体温測定により健康状態を確認し、サージカルマスクの着用や手指衛生に努めております。院内外での高リスク環境(3密)回避、飛沫対策を心がけております。

なお、新型コロナウイルス感染症の診断、診療は当クリニックで行うことはできません。
以下の(ア)~(オ)に当てはまる方は、保健所に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にご連絡ください(参考:静岡市保健所 054-249-2221)。


(ア)発熱37.5℃以上または呼吸器症状(咳、のどの痛みなど)があり、新型コロナウイルス感染症の確定している人と会って話した。
(イ)発熱37.5℃以上かつ呼吸器症状があり、2週間以内に流行地域に渡航または居住していたか、または、流行地域に渡航・居住していた人と会って話をした。
(ウ)呼吸器症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く。
(エ)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
(オ)以下の1~8にあてはまる方は、(ウ)の状態が2日程度続く。
1. 高齢者 2. 糖尿病がある 3. 心不全がある 4. 呼吸器疾患がある
5. 透析を受けている 6. 免疫抑制剤を用いている 7. 抗がん剤等を用いている
8. 妊婦

今後の新型コロナウイルス感染症の動向、国や関連機関、関連学会の指針を注視し、常に適切な感染対策ができるよう、職員一同努めてまいります。


【参考資料】
・厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」
・「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第1版」(厚生労働省)
・新型コロナウイルス感染症に対する感染管理(2020年4月7日改訂版)(国立感染症研究所)
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への消化器内視鏡診療についての提言(改定第3版)(日本消化器内視鏡学会)
・「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療所・病院のプライマリ・ケア初期診療の手引き」(一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会)