グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 安心・快適へのこだわり > 最新の空気清浄機を導入しました。

最新の空気清浄機を導入しました。


令和3年1月6日

据置型空気清浄機 BM-S351A

2020年11月より同クラス日本最速の集塵スピードを達成した据置型空気清浄機を待合室に導入いたしました。
主な特長

・ハイブリッド光触媒に活性炭フィルターを搭載。脱臭力を50%アップさせました
・新集塵ユニット搭載でクラス日本最速の集塵スピード(特許申請中)
・新開発大型DC ファン搭載でクラス 最大風量 1,782㎥/h を 実現
・吹出口5 方向で清浄空気をすばやく拡散
・設置方向を選ばないユニット取出口
・光で教える汚れ状況(自動運転インジゲーター)
・無段階風量変速制御新搭載※1
・油汚れに強い三次元不織布フィルター採用※2
・40%以上の省エネ化(自社比)を実現
・1 台で60 畳(100㎡ に対応広いスペースでも1 台でカバーします)

※1無段階風量変速制御
最小4㎥ /min~15.5㎥/min 間の風量を無段階で変速する機構で、スムーズな風量変速を実現
※2三次元不織布フィルター
物理的・化学的に優れた性質を備え、大きな空間と表面積を合わせ持つフィルターで、薬品や油汚れに強く、水切れがよく吸水性がないので、乾きやすい特徴があります

汚れセンサー連動イルミネーションインジゲーターと無段階風量変速機構付き自動運転

汚れセンサーと連動、イルミネーションが変化し空気の汚れを目で確認できると同時に、風量を自動調整されていきます。
通常運転の場合「弱」は緑ですが、空気を自動で感知し「急速」の場合はレインボーに点滅します。



引用:「本田通信工業株式会社」https://www.hondatsushin.co.jp/safe-environment/corona-protection/air-cleaner/bm-s351a/

引き続き空気環境を整え、飛沫防止のためアクリル板を受付、処置室、検査室に設置しております。今後も、安心して診療を受けて頂けるよう感染対策を行っていきます。