グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療のご案内 > 専門外来 > 炎症性腸疾患専門外来

炎症性腸疾患専門外来



炎症性腸疾患(IBD)とは

腸

炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease; IBD)は、主に潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis; UC)とクローン病(Crohn’s disease; CD)という2つの病気のことを指し、慢性的に下痢や血便、腹痛などをきたす原因不明の疾患とされています。両疾患とも厚生労働省の特定疾患(いわゆる難病)指定を受けていますが、患者さんの数の増加は著しく、潰瘍性大腸炎は約20万人、クローン病は約4万人と報告されています。
原因は不明とされているものの、近年では、遺伝的な要因のある患者さんに環境的要因のきっかけが生じることにより、何かしらの免疫異常が生じて病気が発症するということが分かってきました。
患者さんが増え続けている炎症性腸疾患の病態や治療法の研究、開発は日進月歩であり、新たな治療薬も次々に生まれています。元気で他のひとと変わらない通常の生活が送れる状態(寛解状態)を目標とすることができるようになっただけでなく、腸の粘膜を全く炎症のない状態(粘膜治癒)にまで回復させることも可能な時代となってきました。

潰瘍性大腸炎について

1. 病態

大腸の最も内側にある粘膜部分に炎症が生じ、その粘膜にびらんや潰瘍ができてしまう炎症性疾患です。症状としては、血便や粘液便(ねばねばした便)、下痢、腹痛などがあり、これらの症状が良くなったり(寛解期)、また悪くなったり(活動期)を繰り返す慢性の病気です。病変は直腸から連続的に、そして上行性(口側)に広がる性質があり、病変の拡がりによって全大腸炎型、左側大腸炎型、直腸炎型に分類されます。

2. 診断

この病気の診断には、症状の経過を詳しく聴取することが大切であり、まぎらわしい感染症との区別のための便培養検査も必須です。さらに、大腸内視鏡により、粘膜の様子がこの病気として矛盾がないか、どの範囲まで及んでいるか、重症度はどれくらいかを評価します。また、粘膜の一部を採取(生検)し、他の大腸疾患との鑑別をすることで確定診断されます。

3. 治療

軽症~中等症の活動期の寛解導入には、①5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤(ペンタサ®、アサコール®、リアルダ®、サラゾピリン®)が用いられます。どの病型(全大腸炎型、左側大腸炎型、直腸炎型)でも内服薬は用いられますが、病変範囲の狭い場合(左側大腸炎型、直腸炎型)では、局所製剤(注腸剤:ペンタサ注腸®、坐剤:ペンタサ坐剤®)も経口剤と併用もしくは単独で用いられます。

基準薬である5-ASA製剤のみで病状の沈静が困難な場合には、②ステロイドによる治療(経口剤:プレドニン錠®、注射剤:プレドニン点滴®)が用いられます。ステロイドの局所製剤として注腸(プレドネマ®、ステロネマ®)や坐剤(リンデロン坐剤®)も存在し、5-ASA製剤のみでコントロールが困難な場合に、全身投与による治療の前に、局所製剤で治療することもあります。ステロイド剤は長期に使用する薬ではないため、効果が得られれば徐々に減量し投与を中止します。

患者さんの中にはステロイドの減量・ 中止の際に再燃する場合があり(ステロイド依存例)、このような患者さんには、③免疫調節薬(アザニン®、ロイケリン®)が用いられます。
ステロイド治療で効果が得られない場合(ステロイド抵抗例)には、④血球成分除去療法(GMA:アダカラム®、LCAP:セルソーバ®)が用いられたり、⑤抗TNF-α抗体製剤のインフリキシマブ(レミケード®)やアダリムマブ(ヒュミラ®)、ゴリムマブ(シンポニー®)のほか、⑥免疫抑制剤のタクロリムス(プログラフ®)やシクロスポリン による治療が行われる場合もあります。

これらの治療で寛解導入できたら、再燃を予防するために、基本的には 5-ASA製剤による寛解維持療法が長期にわたり行われ、場合により免疫調節薬の長期維持投与も行われます。

なお、これらの内科的治療で効果が認められない場合(難治例)や、大腸に穴が開く、大量の出血がみられるなどの重症~劇症例、大腸癌を合併している場合などは外科的治療を選択することになります。

潰瘍性大腸炎


クローン病について

1. 病態

クローン病は口から肛門までの全消化管に炎症が起こる可能性がある病気で、粘膜の表面だけではなく消化管の壁全体に及ぶ、非連続性(病変が連続せず飛び飛びに存在すること)の炎症や潰瘍を起こします。消化管の中でも小腸と大腸に病気がみられることが多く、炎症の起こった範囲により小腸型、小腸大腸型、大腸型に分類されます。時として潰瘍がひどくなると腸から腸以外の他の臓器や皮膚につながってしまったり(瘻孔)、腸が狭くなって通過障害・腸閉塞を来たしたり(狭窄)することがあります。また、関節炎、虹彩炎、結節性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症がみられることもあります。

2. 診断

診断には、症状経過の聴取、貧血や低栄養状態、炎症反応上昇などの血液検査異常の評価を行い、内視鏡検査や造影検査、腹部エコー検査、CTなどの画像検査にて特徴的な所見が認められた場合に診断されます。内視鏡検査や手術の際に同時に採取される組織の病理検査の所見や、肛門部の病変の所見などが診断に有用な場合もあります。

3. 治療

クローン病治療の目的は、腸管の炎症を抑えて症状を鎮め、寛解に導くとともに栄養状態の改善を図り、寛解状態を長期に継続することです。このような寛解導入ならびに寛解維持には、基本的に栄養療法と薬物療法を中心とした内科的治療が行われ、内科的治療で効果が得られない症状や合併症に対しては外科的治療が行われます。

①栄養療法としては、活動期では主に成分栄養剤(エレンタール®)を用いた経腸栄養法や静脈から栄養剤を投与する完全中心静脈栄養法が行われ、寛解維持療法としては在宅経腸栄養法が行われます。
薬物療法としては、基準薬として②5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤(ペンタサ®、サラゾピリン®)が寛解導入ならびに寛解維持療法として使用されます。また、軽症~中等症の患者さんには、全身的な副作用の少ない③ステロイド徐放製剤(ブデゾニド®)も2016年より使用可能となりました。炎症が強い場合は、④ステロイドの経口剤(プレドニン錠®)が用いられ、ステロイドが減量・中止できない場合には、⑤免疫調節薬(アザニン®、ロイケリン®)が使用されます。また5-ASA製剤やステロイドで改善がみられない場合や肛門部に病変がある患者さんには⑥抗菌剤が用いられることもあります。このような治療薬で効果がみられない場合は、⑦血球成分除去療法や、より強力な薬として⑧生物学的製剤が選択されます。生物学的製剤はこれまで、抗TNF-α抗体製剤のインフリキシマブ(レミケード®)やアダリムマブ(ヒュミラ®)のみでしたが、2017年より抗IL-12/23p40抗体製剤(ステラーラ®)が保険承認されました。

また、腸管が狭くなる狭窄に対しては、内視鏡的バルーン拡張術が行われる場合があり、これらの治療法・治療薬で効果が得られない病変に対して手術が行われます。

クローン病

当院での炎症性腸疾患診療について

日進月歩である炎症性腸疾患の診療では、正確な診断と病状評価、個々の患者さんの病態に合わせた適切な治療を実践する必要があります。医師の判断やさじ加減が、患者さんの病状経過、QOL(クオリティオブライフ;生活の質)に大きな影響を与えるものと考え、当院では、専門医による科学的根拠や最新の知見に基づいた炎症性腸疾患診療を行っております。患者さんの病態のみならず、その方のライフスタイルまで考慮した治療をご提案し、十分なご相談により、それぞれの患者さんに合わせた治療を行ってまいります。また、総合病院での特殊な検査や治療が必要と判断した場合には、専門施設でのスムーズな診療が受けられるよう、密接な連携を取っております。
患者さんご自身、医師、看護師、栄養士などが一体となり、最適な治療を実践することで、患者さんが質の高い社会生活を営めるようになることを目指し、これからも日々取り組んで参ります。

当院での診療をご希望される方は受診に関してのご案内を致しますので、お気軽にお問い合わせください。