グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > アンチエイジングトピックス > No.088 ビタミンCの美白効果

No.088 ビタミンCの美白効果


5月から8月にかけて紫外線量が多くなる季節であり、日焼け、シミ、ソバカスを気にする方が増えてきます。
今回は、そんな方にお勧めの身近な栄養素であるビタミンCについて、特にその美白効果をご紹介いたします。

ビタミンCについて

水溶性ビタミンのひとつであり、アスコルビン酸とも呼ばれます。
ほとんどの動物は構造の似ているグルコースを基にしてビタミンCを体内で合成することができますが、ヒトやモルモットなど一部の動物では生合成に必要な酵素(グロノラクトンオキシダーゼ)が存在しないため、残念ながら体内でビタミンCを合成することができません。
ビタミンCはコラーゲン合成を介して正常な毛細血管の維持に働く他、抗酸化作用、ミネラル(鉄や銅など)の吸収促進、メラニン色素の生成抑制などの働きがあります。

そのため、内出血、歯茎からの出血、傷の治癒遅延、貧血等の予防、更には皮膚や粘膜の健康維持にとても重要な役割を果たしています。

ビタミンCの美白効果

紫外線に当たると体内では活性酸素が発生し、その活性酸素の影響で皮膚中の色素細胞(メラノサイト)でメラニンが合成されます。

メラニンにはユーメラニン(黒色メラニン)とフェオメラニン(赤褐色メラニン)がありますが、色の濃いユーメラニンがシミやソバカスの主な原因物質です。
一般的に、合成されたメラニンは皮膚のターンオーバーによって次第に皮膚と一緒に剥がれ落ちるため長く残ることはありません。

しかし、過剰に紫外線を浴びたり、加齢、ストレス、ホルモンのアンバランスなどによってターンオーバーが乱れるとメラニンが皮膚中に残ってしまうことがあります。

ビタミンCは、メラニンが作られる際に働く酵素(チロシナーゼ)の活性を阻害すると言われています。
また、一度合成された酸化型の黒色メラニンを還元型の淡色メラニンにすることも分かっており、黒色メラニン合成抑制作用と、合成された黒色メラニンを脱色する2つの効果が期待できます。

美白効果が期待される栄養素

美白効果が期待される栄養素はビタミンCだけではありません。
右上の図にあるように、グルタチオンシステインには、黒色メラニンではなく赤褐色メラニンを増やす働きがあるため、美白効果があるといわれています。

また、活性酸素の影響を和らげる抗酸化物質であるビタミンECoQ10、ベータカロテン、リコペンなどは、ビタミンCと併せて摂りたい栄養素です。

食品成分を摂取して美白を期待したい場合には、ビタミンCを中心とした抗酸化物質を摂るのが良いでしょう。

ソラレンと紫外線

ビタミンCを多く含む食材としてレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類が挙げられます。
しかし、多くの柑橘類の中にはフロクマリン類に属する 「ソラレン」という物質が含まれています。ソラレンには光毒性があるため、摂取や接触によって紫外線に敏感に反応し、肌の炎症やシミ、シワを促進させてしまいます。

紫外線に当たる前にソラレンを含む食材を大量に摂ることや、そういった食材による美容パックなどはお勧めできません。

また、柑橘精油やベルガモットオイルなどの精油にもソラレンが含まれることがあるため、注意が必要です。
【参考】
イラストレイテッド ハーパー・生化学[原書29版]
国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報
厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』「統合医療」情報発信サイト
ナチュラルメディシン・データベース サプリメント[成分]のすべて
ビタミンCの事典(東京堂出版)
大学病院情報ネットワークサイト 
情報提供元:株式会社ヘルシーパス