グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 安心・快適へのこだわり > 消化管専門デジタル病理検査 パソネット

消化管専門デジタル病理検査 パソネット


当院では、株式会社パソネットと連携することで、内視鏡検査での病理検査に「デジタル病理検査」を導入いたしました。

パソネットのホームページはこちらをクリック

スピーディーなデジタル病理検査

お預かりした病理組織標本はデジタルデータ化され、わずか2〜4日の早さで病理検査報告書をお届けできます。

消化管を専門とする病理医が病理検査報告書を作成

病理標本を検査する担当病理医が頻繁に変わることも多く、大切な検査をどのような病理医が担当しているのか、顔が見えない、という不安を聞きます。パソネットなら、経験豊富な病理医が検査を担当し、病理検査報告書も作成。安心して検査結果をお待ちいただけます。



加藤 洋

公益財団法人がん研究会がん研究所病理部客員研究員
獨協医科大学日光医療センター病理部特任教授


東京大学医学部卒業
公益財団法人がん研究会がん研究所病理部研究員、同病理部部長、
臨床病理担当部長歴任



八尾 隆史

順天堂大学大学院医学研究科人体病理病態学講座教授

九州大学医学部卒業
九州大学医学部形態機能病理学助手、同講師、同准教授歴任



九嶋 亮治

滋賀医科大学病理学講座教授

滋賀医科大学医学部卒業
国立がん研究センター中央病院病理・臨床検査科医長 就任、現在退職
(他 連携病理医8名 計11名)

病理検査報告書の例

明快でわかりやすい検査所見とともに、その判断に至った標本写真を最適な倍率で添付。臨床医の診断を的確にサポートします。
病理検査報告書をデジタルデータで送付するので、チーム医療やデータ保存にも便利で、先生ご自身のスキルアップや、患者様への説明にも役立ちます。

病理検査報告書のサンプルはこちらをクリック

平成24年12月21日パソネット初出荷式

院長より患者様から採取された検体が手渡しされました

株式会社パソネットでの出荷式