グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療のご案内 > 専門外来 > 栄養療法

栄養療法



個別化栄養療法

「楽しみながら実現できる食事方法をご提案します。」

管理栄養士が1名常勤し、患者様ひとりひとりに応じた栄養指導をさせていただいております。
食事は毎日のことですので、継続が必要です。栄養指導=制限、我慢、辛いなどのマイナスのイメージを持たれる患者様が多いなか、個別化栄養療法によって食事を楽しみながら自然と改善ができるようになることを目標としています。
‘制限’ではなく‘本来何を食べたら健康になるのか’を一緒に考えていけたら良いと思っております。

栄養指導の具体的な取り組み

血糖値を上昇させる栄養素は糖質のみ!

私たちは糖質、タンパク質、脂質の三大栄養をもとにエネルギーを得て、活動を行っています。そのうち‘血糖値を上昇させる栄養素は糖質のみ’という事実をもとに、糖尿病の患者様に対して糖質制限の指導をさせていただいております。糖質制限は糖質を多く含む主食(ご飯、パン、麺類)や菓子類(砂糖)などの摂取を控え、食後の高血糖を防ぐ食事療法です。食後の高血糖を防ぐことが糖尿病のコントロールにつながります。
また血糖値が上昇すると膵臓からインスリンというホルモンが分泌され血糖値を下げるように働きますが、インスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれています。そのため余剰に摂ってしまった糖質は脂肪細胞へと蓄えられ、肥満へ導きます。したがって適切に糖質を制限することでインスリンの多量な分泌を防ぎ、肥満の解消にもつながります。

がん細胞は糖質が大好物!

がんの成長には食習慣と密接な関係があると言われています。そのため当院ではがんを作りにくい体作り、育てにくい体作り、また再発予防のための体作りとして栄養療法を取り入れております。がん細胞の特徴的な代謝として、成長に必要なエネルギー源を糖質しか利用できないことが分かっています。特に急激な血糖上昇はがんの増殖を促しますので、糖質制限食によって血糖の立ち上がりを緩やかにすることが大切です。患者様の食習慣に応じて緩やかな、もしくは厳格な糖質制限について指導させていただいております。その他、がん細胞は飽和脂肪酸(肉など)やω6系不飽和脂肪酸(サラダ油など)、トランス脂肪酸(マーガリンなど)を好みます。できるだけ植物性の食事や魚を中心に、さらに免疫力を高める食材を摂取するなど、食事改善の方法をお伝えしていきます。

塩分の摂りすぎは腎臓にダメージ大!がん細胞も塩分が大好物!

腎臓は主に老廃物の排泄や水分・塩分の調整、様々なホルモン(血圧、骨、血液に関与)を分泌する臓器として働いています。様々な要因により腎臓の機能が低下すると、貧血や倦怠感、むくみ、息切れ、食欲低下、吐き気などの症状が現れてきます。しかし、これらの症状が現れてきた時にはかなり病状が進んでいることが多く、初期の段階では中々気付きにくいと言われています。かつ、一度悪くなった腎臓の機能は元通りに回復することは難しい現状で、透析に至るケースもあります。そのためには初期の段階から早めに適切な治療を開始することが必要です。食事療法にて最も大切なことは塩分制限によって腎臓の負担を軽減させ、腎臓をいたわってあげることです。また必要に応じてタンパク質制限も行います。
さらにがん細胞も塩分が大好物です。塩分を控えることはがん予防にもつながります。

腸内環境整っていますか?

腸は栄養素の消化・吸収や排泄、さらに免疫機能を司る臓器です。腸内環境は加齢や食習慣、ストレス、抗生物質など様々な要因で変化します。いくら健康に心がけた食生活を送っていても体の中にきちんと吸収されなければ意味がありません。きちんと食べているのに中々体重が増えないという方は腸内環境を整えることも必要です。さらに腸内環境が崩れると腸管のバリア機能が破綻し、通常であれば吸収されない異物(細菌や毒素)が体内に吸収されてしまい、体に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。これを‘リーキーガット症候群’と言い、最近注目されてきています。このような状態では十分に分解されていないタンパク質までもが吸収されてしまうため、遅延型フードアレルギーの原因になると考えられています。食事摂取後、数時間から数週間後になんとなく調子が悪い(不定愁訴)…という方は腸内環境を整えることで、症状が著変することもあります。腸を元気にして健康な体を手に入れましょう。

最近物忘れが増えていませんか?

人口の高齢化に伴い認知症を発症する方が増えてきています。認知症は徐々に進行し、一度発症すると完治が難しいと言われています。しかし、認知症を発症する前段階の軽度認知障害(MCI)では、適切なアプローチをすることで認知症の発症予防や改善の可能性が高まると考えられてきています。
  1. 様々な栄養摂取(ビタミン・フィトケミカル・オメガ3系脂肪酸など)
  2. 習慣的な運動の実施
  3. 人と関わり良く笑うこと(脳を使うこと)
で、ぴんぴんころりを目指していきましょう。

栄養指導をご希望の方へ

当院では生活習慣病を中心に栄養指導をさせていただいています。また病態に応じてサプリメントのご提案も行っております。栄養指導は基本的に事前予約制にて行っていますが、状況に応じて当日実施することも可能です。医師の指示の下実施させていただいておりますので、まずは診察にて主治医にご相談ください。
実施日
第一木曜日・土曜日を除く診療日
10時00分~/14時00分~