グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




老化とは

老化の正体をご紹介します。


老化とは

年をとるというのは、外見上では、「体(肉体)が地球の重力に勝てなくなる」ことと言えます。例えば、顔にしわが増えたり肌に緊張感がなくなってきたり。また、お乳が垂れてきたり、お腹がたるんでくるのも、体が重力に勝てなくなったことを意味しています。

少し医学的にいえば、中年期以降、年齢を重ねるとともに体の水分量やタンパク量が減少し、逆に脂肪分が増加します。さらに、老年期には、臓器重量も減少します。このように、年をとると、体の緊張感、張り感が弱まり、重力に勝てなくなるのです。
また、外見だけではなく、体の内部でも、老化による変化が起こっています。動脈硬化、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、目に見えないところで進行し、癌遺伝子にもスイッチが入っています。

このように、老化は誰にでもやってくるもので、完全に止めることは不可能です。
でも、同じ70歳でも、60歳以下にしか見えない人がいる一方で、80歳にも見えてしまう人もいます。同じ年齢でも、元気で一線で活躍されている方も人もいれば、寝たきりやボケで苦労されている人もおられます。老化を完全に止めることは不可能ですが、老化を促進している因子を取り除いたり、生活習慣を工夫することで、老化を遅らせたり、上手に年を重ね「健康長寿」を全うすることは不可能ではないのです。

でも、老化の正体を見極めなければ「健康長寿」にはつながりません。
老化の正体を、「抗加齢医療」的に、分かりやすく3つの言葉にまとめると次のようになります。

1.さびること(酸化作用)
2.しぼむこと(内分泌ホルモンの減少)
3.こころがすさむこと(精神的な風化)

1.さびる

「さびる」とは、活性酸素などによって細胞膜が「酸化」され、細胞内に栄養分を取り込んだり、老廃物を細胞外に捨てたりする働きが阻害されることです。
がんの出現もDNAや遺伝子の酸化が引き金になりますし、動脈硬化も血管内皮細胞の酸化から始まります。

2.しぼむ

「しぼむ」とは、高齢化するにしたがって、若さを保つために重要なさまざまな「ホルモンの分泌が減少する」ことです。この影響で、体の筋肉(タンパク量)、水分が減り、脂肪が増えていきます。

3.こころがすさむ

「こころがすさむ」とは、高齢化するにしたがって生きる目的を失い、精神的弱体化が始まり、それと同時に生きがいを喪失することです。「うつ」っぽくなることもあります。こころがすさむと、老化は一気に加速します。

アンチエイジングをおこなうための条件

老化は誰にでもやってくるもので、避けることはできません。しかし、「老化の時計」と戦い、元気で楽しく生きながら、「ピン、ピン、コロリ」とあの世に行くことは可能です。
アンチエイジング(抗加齢)医療は、そのためにあるものです。

アンチエイジングをおこなうには、次の条件を満たす必要があります。
・毎日の生活の中に適度な運動を取り入れましょう。
・血糖値を低めに維持する食事を心がけましょう。美食をやめて粗食にしましょう。
・タバコをやめましょう。
・いつもプラス思考でいましょう。

これらの条件を満たせる方は、華麗なアンチエイジングの世界に入る資格をお持ちです。