グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > クリニックのご案内 > 副院長紹介

副院長紹介


令和2年4月1日より池谷賢太郎医師が副院長に就任しました。

副院長就任にあたって

 令和2年4月、田中消化器科クリニック副院長に就任致しました池谷賢太郎です。
このたび、生まれ育ったここ静岡の地で、皆さまのために医療を提供させていただけることは、この上ない喜びであり、感謝の気持ちと使命感に満ちております。
私はこれまで、総合内科医、消化器内科医、内視鏡医として研鑽を積み、内科全般にわたる身近な疾病のほか、幅広い消化器病の診療に携わってまいりました。また、最近増加の著しい炎症性腸疾患をさらなる専門分野として、その診療や研究に従事し、今も患者さんとともに歩み続けています。その一方で、病気から回復していただくことだけでなく、元気な方が元気であり続け、心身ともに健康な人生を送っていただくことの重要性も感じ、予防医学や抗加齢医療も学んでまいりました。これまでの経験を生かし、科学的根拠や最新の知見に基づきながら、QOL(クオリティオブライフ;生活の質)を重視した、患者さんそれぞれにとっての最適な医療(個別化医療)の実践を目指してまいります。
私の信条は、目の前の患者さんに寄り添い、真摯に向き合い、信念のある最善の医療を提供することです。お一人おひとりにベストを尽くす、その小さな積み重ねは、生まれ育ったこの地域のため、さらには社会のために、私ができる医療貢献であると信じております。
当院の基本理念は、田中院長のかかげる“感動を呼ぶクリニック創り”です。新しい令和の時代に、その一翼を担い、より大きな感動を皆様にもたらすことができるよう、精一杯努めてまいります。
これからどうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

氏名 池谷 賢太郎
出身 昭和52年 静岡市(旧清水市)
経歴 平成14年 富山大学医学部 卒業
平成14年 浜松医科大学第一内科
平成15年 菊川市立総合病院内科 医員
平成17年 藤枝市立総合病院消化器科 医員
平成21年 藤枝市立総合病院消化器科 医長
平成23年 浜松医科大学第一内科
平成23年 浜松南病院 消化器病・IBDセンター 副センター長
平成26年 田中消化器科クリニック 勤務
平成27年 潰瘍性大腸炎の内視鏡診断、評価法についての研究で博士号取得
平成29年 浜松南病院 内科部長 兼 消化器病・IBDセンター 副センター長
平成30年 浜松南病院 副院長 兼 消化器内科部長

日本内科学会 総合内科専門医、認定内科医
日本消化器病学会 専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医
日本消化器病学会 学会評議員、東海支部評議員
日本消化器内視鏡学会 学術評議員、東海支部評議員
日本炎症性腸疾患学会 会員
日本大腸肛門病学会 会員
月・火・金曜日午前の池谷副院長の外来にて、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)予約専門外来を行っています。
ご希望の方は受付にお申し出ください。