グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療のご案内 > 専門外来 > 認知症検査

認知症検査


軽度認知障害ならまだ大丈夫!早期発見が大切です!!


軽度認知障害の検査は当院にて簡単(5~10分程度)にできます。

下記表は当院で患者様のご家族の方に質問させて頂くものです。このような症状など気になる事がありましたら、医師、看護師、栄養士、受付等スタッフまでお気軽にご相談下さい。



質問内容 ほとんどない 時々ある よくある
物忘れがひどい。特に最近のことが思い出せない。
時間、場所の感覚があいまいで、分からなくなってしまう。
(日時や今いる場所など)
今まで当たり前にできていたことができない。
(料理、掃除、着替え、買い物など)
普段使うような言葉がでてこない。
色々なことに関心がなくなり、元気がない。
怒りっぽくなった。暴力や暴言がある。
興奮して大声でわめくことがある。
幻覚、幻聴などがある。
物を盗られたなどの妄想がある。
家の中や外を意味もなく徘徊して回る。

当院での認知症検査の流れ

MMSE(認知症のテスト)を実施します。
 又、患者様ご家族に質問させて頂く事もあります。
MMSEの結果によって、認知症検査報告書(症状のチェック等)をご本人もしくはご家族に記入して頂き、栄養士による栄養指導やMRI検査をお勧めします。

当院の栄養士が指導している生活習慣、食習慣について紹介します。

実施内容



①できるだけ毎日運動を実施しましょう。
②タバコは絶対にやめましょう。
③ひききこもらずに外に出ましょう。


④EPA、DHAを摂りましょう。
 青魚(まぐろ、さば、いわし、さんま、ぶり、あじ、鮭など)
 良質な油(亜麻仁油、エゴマ油)
⑤ビタミンB群を摂りましょう。
 豚肉・牛肉・鶏肉(特にレバー)、赤身魚(まぐろ、カツオ)、卵、
大豆製品(大豆、納豆)、乳製品、ナッツ類(落花生、アーモンド)、
精製されていない穀物(玄米、全粒粉)など
⑥野菜をたくさん食べましょう。
 7色の野菜(オレンジ・赤・黄・緑・白・青・黒)をまんべんなく。
⑦1口30回以上良く噛みましょう。
 良く噛むことで脳が刺激を受け、脳の活性化につながります。

画像説明文

画像説明文

画像説明文

画像説明文

自由診療(保険外)での認知症検査

さらに詳しい検査をご希望の方は、当院にて認知症の前兆を超早期に発見するための血液検査を自由診療にて行っています。
わずか10ccの採血で超早期に認知症のリスクを発見することができます。

検査のメリット

MCIスクリーニング検査

血液中の特定のたんぱく質を調べて、軽度認知症(MCI)に移行する可能性がわかります。

APOE遺伝子型検査

アルツハイマー病や認知機能低下に、関与する重要遺伝子APOE-遺伝子の型を調べて、認知症の発症リスクを推定する検査。APOE-4型を2本もっている人(ホモ型)は、認知症のリスクが15倍高まります。(日本人の2%位に発見されます。)

料金

MIC血液検査+カウンセリング 25,000円(外税)
APOE遺伝子+カウンセリング 20,000円(外税)
MCI血液検査+APOE遺伝子+カウンセリング 40,000円(外税)

検査時間

血液検査

月~金曜日 10時00分~
食事をせずに来院していただきます

カウンセリング

月~金曜日 12時30分~

予約

まずは血液検査の予約をお取りいただきます。
当院へ来院、またはお電話にてご予約をお取りください。 
(電話:054-247-5522)

血液検査に来院された際に、カウンセリング日の予約をお取りします。