グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




ホーム  > アンチエイジング > アンチエイジングトピックス > No.047 働き盛り世代の為の栄養講座

No.047 働き盛り世代の為の栄養講座

働き盛り世代のお父さんに「いつまでも元気で活躍してもらいたい!」との思いは、どのご家族でも同じではないでしょうか?
そんなお父さんに「健康で頑張ってもらうため」の情報をご紹介します。


「働き盛り世代」の置かれた状況

「働き盛り」に明確な定義はないので、ここでは30~50歳代の男性を「働き盛り世代」と定義します。

この世代は、一般的に仕事、家庭の両方で責任ある立場であることが多く、それぞれのストレスを抱えています。
また、不規則な食生活(時間、外食が多い)や運動不足が多いのもこの世代の特徴で、それは、国民健康・栄養調査(平成21年度)のデータでも裏付けされています。
 
【朝食の欠食率】
全世代の朝食欠食率平均14%に比べ、30代男性で29.2%、40代男性で19.3%と明らかに高い。
 
【野菜の摂取量】
全世代の野菜摂取量平均295g/日に対し、30~49歳までの平均値は268g/日と1割も少ない。
 
【ビタミンやミネラルの摂取量】
20歳以上のビタミンミネラル摂取量の平均値に比べ、全体的に少ない傾向にある。
 
【運動の習慣】
男性20歳以上の「運動習慣のある者の割合」の平均が32%であるのに対し、30-39歳が21.6%、40-59歳で、23.5%と低い。
 
さらに、生活習慣病が気になり始めるのもこの世代で、特定健診・特定保健指導は40歳以上が対象です。

さらに過酷な現実…

日本老化制御研究所で行っている、酸化ストレスの度合いと、体内の抗酸化能力を測定する検査結果の集計によると、遺伝子が最もダメージを受けていて、体内の抗酸化力が乏しいのは、男性30~40歳代です。
 
また、近年、自殺者の増加が社会問題にもなっていますが、自殺者が多いのもこの世代で、警察庁の平成21年の統計によると、30-50歳代の自殺者が全世代の半数以上を占めています。

働き盛り世代に役立つ栄養アプローチは…

このような過酷な状況に置かれた「働き盛り世代」への栄養学的なアプローチには次のようなものがあります。
 
【食生活の乱れ、生活習慣病対策】
理想的な食生活では、ビタミンミネラルは満遍なく摂ることができますが、食生活が乱れている場合には、栄養素をバランスよく配合しているマルチタイプのサプリメントで、欠乏症を防ぐための最低限の栄養補給が必要です。
また、生活習慣病予防や、生活の質(QOL)を高めるのためには、食生活で不足しがちな栄養素を補うことに加え、各栄養素を多めに摂取することで、体の機能を向上させる働きにも期待したいところです。
 
【精神的ストレス、うつ対策】
心身機能とビタミンB群は密接に関係しており、ビタミンB1不足の症状には、不安や恐れ、気分の変動などがあります。
また、ビタミンB6、葉酸、ナイアシンなどのビタミンB群は、気分の調節に関与しているセロトニンの合成に必要です。
 
【酸化ストレス対策】
体に様々なダメージを与える「活性酸素」を発生させる要因には、紫外線、喫煙などのほか、ストレス、過激な運動があります。
活性酸素の害を防ぐための代表的な「抗酸化物質」には、ビタミンA・C・E、CoQ10、リポ酸、グルタチオンなどがあります。

働き盛り世代がお酒を求める訳…

精神的ストレスを過剰に受けている場合には、アドレナリンの分泌により血糖が上がり、空腹を感じない時すらあります。

そんな時にアルコールを摂取すると、人体はアルコールを毒物とみなし優先的に肝臓で分解され、その間、同じ補酵素(NAD)を使う糖新生がブロックされることで、結果として血糖が低下します。
血糖が低下すると食欲がわいてくるので、そこで栄養補給が行われ疲労回復につながるというわけです。

仕事帰りの一杯や、晩酌が美味しいのは、無意識に体が求めているからかもしれません。
もちろん、お酒も度を過ぎると害になることは、ご存じのとおりです。
お酒は適度に利用してください。
 
参考:国民健康・栄養調査平成21年度版
アンチエイジング・ヘルスフード、疲労の科学



情報提供元:株式会社ヘルシーパス

アンチエイジング

診療時間のご案内
午前9:00~12:30 / 午後15:00~18:00
日曜日・祝日は休診 / 木曜日・土曜日は午後休診
電話番号:054-247-5522
医師別の診療時間・休診
当クリニックへの交通アクセス

病気にならないために!アンチエイジングのすすめ
老化を防ぐ知恵とコツ