グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




ホーム  > アンチエイジング > アンチエイジングドック(抗加齢ドック) > アンチエイジングドックコースのご紹介

アンチエイジングドックコースのご紹介

当院のアンチエイジングドックコースについてご紹介します。
当院では、さまざまなアンチエイジングドックコースをご用意しています。


スタンダードドックコース 料金:65,000円

現在の老化度を知るための検査を網羅したコースです。
メタボリックシンドロームの兆候、ホルモンの状態、血中ビタミンなど、通常診療では測らないような検査を含む72項目もの検査を行ないます。
ドック実施から約4週間後に結果説明と今後についてのアドバイスを行ないます。結果によって運動・栄養・生活指導、通常診療指導・助言、サプリメント療法の指導、ホルモン補充療法などが受けられます

メニューについての詳細は下記からダウンロードしてください。


スーパーアンチエイジングドック コース 料金:150,000円

スタンダードコースの内容に加え、老化の進行を回避するための検査項目を盛り込んだコースです。さらに充実した検査内容になっています。こちらのコースを受けた方で、ご希望があればオーダーメイドサプリメントの設計も可能です。結果報告は約4週間後にさせていただきます。
(注)オーダーメードサプリメントとは、アンチエイジングドックのデータを基に、個人別に最適設計する、より高いレベルのサプリメントです。

メニューについての詳細は下記からダウンロードしてください。


オプションコース

好みの項目を自由に選んで検査していただけます。
また、組み合わせて検査することも可能です。

A.毛髪ミネラル検査    料金:15,000円

毛髪から有害金属の蓄積状態や必須ミネラルのレベルを測定します。

B.酸化度・ストレス度の判定1 料金:10,000円

からだの“サビつき度”とストレスホルモン(コルチゾール)や年齢とともに低下する副腎皮質ホルモン(DHEA)を測ります。

C.酸化度・ストレス度の判定2 料金:30,000円

血液中のサビを止める力(PAO)・細胞膜のサビた破片(HEL)・DNAのサビた破片(尿中8-OHdG)を測定し、からだの“サビつき度”を調べます。

D.酸化ストレスプロファイル(OSP) 料金:60,000円

からだの“サビつき度”を酸化(サビ)の状態とサビ防止状態の2方向からさらに詳しく調べます。DNAや細胞膜のサビた破片4項目、体内のサビを起こす前駆物質5項目、水に溶ける体内のサビ防止物質5項目、油に溶ける体内のサビ防止物質12項目の26項目からなる検査です。

E.血中各種ビタミン値の測定 料金:30,000円

血中のビタミンA、C、E、B6、B12、葉酸、β-カロチンを測定し、ビタミンの充足状態を判定します。

F.女性の更年期障害に関するホルモン検査 料金:5,000円

女性ホルモンと男性ホルモンを測定します。

G.男性の更年期障害に関するホルモン検査 料金:5,000円

男性ホルモンと女性ホルモンを測定します。

H.肥満遺伝子検査 料金:33,000円

肥満を防止する遺伝子の有無を判定します。

I.薄毛・脱毛関連遺伝子検査 料金:35,000円

男性型脱毛症(AGA)をおこす遺伝子の有無を判定します。

J. アルコール遺伝子検査 料金:25000円

アルコールを分解する遺伝子の有無を判定します。

K.動脈硬化検査 料金:20,000円

動脈硬化炎症因子(高感度CRP)、動脈硬化促進因子(ホモシスティン)、糖尿病や動脈硬化の進展を抑える「善玉」物質(高分子量アディポネクチン)など5項目の測定から動脈硬化の進行度を調べます。

L.骨マーカー検査 料金:3,000円

骨代謝マーカーを測定し、骨粗鬆症を早期に発見します。

M.胃の萎縮度とピロリ菌の検査 料金:6,000円

胃粘膜の萎縮が進行していないか萎縮性胃炎のスクリーニング検査とヘリコバクターピロリ菌感染のスクリーニング検査を行ない、胃がんのリスクを判定します。

N.微量金属検査 料金:1,800円

微量金属は生体内に存在する必須ミネラルです。体の機能を維持するのに欠かせないミネラル(亜鉛・鉄・マグネシウム・銅)を測定します。

O.栄養 料金:15,000円

血中ビタミンやミネラルが充足されているかをみます。またEPA/AA比からω3系脂肪酸(不飽和脂肪酸)であるEPAが充分に摂取できているかを判定します。そして、血清フェリチンを測定し、鉄欠乏を評価します。

P.体の酸化度(さび度) 料金:15,000円

DNAの酸化度と錆をおこす力がどのくらいか、そして錆に対抗する抗酸化物質が充分足りているかをみます。

Q.動脈硬化度2 料金:10,000円

コレステロールや脂質系のレベルと、動脈硬化を予防するω3系脂肪酸(EPA)のレベル、そして動脈硬化促進因子の状態など8項目を調べ、動脈硬化度を判定します。

X.ホルモン検査 女性 料金:10,000円

女性に関するホルモン10項目を測定します。

Y.男性ホルモン 男性 料金:10,000円

男性に関するホルモン8項目を測定します。

Z.骨粗鬆症検査 料金:10,000円

骨密度測定だけでなく破骨細胞因子(尿中NTX)と骨芽細胞因子(オステオカルシン)、骨吸収マーカー(TRACP-5b)を測定し骨代謝の状態をみます。また、骨組みの部分(コラーゲン)の具弱化レベルを測定し、骨量と骨質の両面から骨粗鬆症の判定を行います。

遺伝子検査

遺伝子検査(ジェノマーカー)は、日本人を対象とした、複数の遺伝子マーカーを用いて、生活習慣病のリスクを遺伝子レベルから評価する検査です。
生活習慣病は、一般的に、偏った食生活、運動不足、喫煙、ストレスなどの生活習慣(環境因子)に加えて、体質(遺伝因子)が20-70%関与しているといわれています。遺伝情報は生涯変わらないので、遺伝子検査を行い、遺伝子情報から、生活習慣病にかかりやすい体質であるかどうか?を知ることが出来ます。
結果から必要な対策を立てることで、効果的な生活習慣の改善ができ、生活習慣病のリスクを下げることが出来ます。

肥満

肥満は、高カロリーの食事や運動不足意外に、遺伝因子も関与しています。
肥満になりやすい体質かどうかを判定します。

メタボリックシンドローム

メタボリック症候群は、臍上囲が男性で85cm以上、女性は90cm以上で、さらに高脂血症、高血糖、高血圧のうち、2つ以上に該当する状態と定義されています。メタボリック症候群になりやすい遺伝要因があるかを判定します。

糖尿病

糖尿病は、肥満や遺伝因子が大きくかかわる疾患です。糖尿病になりやすい遺伝因子を調べます。

高血圧

高血圧は、過剰な塩分摂取・運動不足・喫煙・ストレスなどの環境要因と遺伝因子が関与していると言われます。高血圧になりやすい体質かどうかを調べます。

心筋梗塞

心筋梗塞になりやすい体質かどうかを判定します。

脳梗塞

脳梗塞を起こしやすい体質かどうかを判定します。

ミトコンドリアハプログループ

ミトコンドリアは、細胞の中の「発電所」であり、栄養素と酵素を反応させ、エネルギー(ATP)を生み出しています。ミトコンドリア遺伝子は母親から受け継がれますが、そのタイプが体質に関与しています、ミトコンドリア遺伝子の多型の組み合わせをいくつかのグループにまとめて、「ハプログループ」と呼びます。ミトコンドリアハプログループは、特定の疾患と関係があると言われています。つまり、どのグループに自分は属しているかが分かると、どんな疾患にかかりやすいかが分かります。

フードアレルギー検査

食物を摂取後、2時間から数週間後に症状が出現する遅延型の食物アレルギー検査です。
日本人の食生活に馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、緑茶、コーヒー、スパイス、昆布などをバランスよく揃えた96種類の食品でおこる遅延型のアレルギー抗体を調べます。
この検査を行うことで、知ることができなかったアレルギーを見つけられ、食生活を見直すことにより、症状を改善することができます。また、現在自覚症状のない人でも、将来起こりうるアレルギーや病気の原因を知ることができます。

メニューについての詳細は下記からダウンロードしてください。


(注)アンチエイジングドックの費用は保険適用外で、全額自己負担になります。費用はすべて外税です。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。