グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




血液遺伝子検査(ミルテル検査)

「疾患予防」と「疾患リスクの早期予測」が、採血のみで可能な画期的かつ簡便な遺伝子検査です。テロメアテストとミアテストの2種類があります。


資料引用:株式会社ミルテル

テロメアテスト(未病リスク検査)

<特徴>
・「未病の状態」を検査して、病気にならないように適切に「予防」を行うための検査です。
・「未病の状態」は、「テロメア疲労度」と「テロメア強度」を同時に測定して行います。
・テロメア疲労度(遺伝子疲労度)の算出は、世界初の「テロメアGテール長」を測定する検査で行います。
・テロメア強度(遺伝子強度)の算出は、テロメア長の長さを測定して、「テロメア年齢」に換算して行います。ただし、寿命を測定する検査ではありませんのでご安心ください。
・「テロメア疲労度」と「テロメア強度」は、広島大学大学院医歯科薬学研究院の田原栄俊教授開発の世界オンリーワン技術(G-tail telimere HPA法特許:特許2013-246088)で測定しています。
・DNAを検査する検査で、生活の環境変化によって唯一経時変化する検査ですので、定期的な検査で生活改善の効果が実感できます。

テロメア疲労度(遺伝子疲労度)

・あなたの身体が、「健康な状態」に近いのか?それとも「病気の発症」の状態に近いのか?がわかる検査です。
・病気の原因があらゆる要因(ストレス、食事など)が、あなたの身体にどのくらい負担がかかって、病気を発症しやすい状態かがわかります。
・「発症直前の未病状態」に近い人は、このままでは「病気発症」する可能性が高く、すぐに対策を行わないといけません。
・対策を行う事で、テロメア疲労度は良い方向に改善して病気になりにくい状態になります。
・テロメア強度の結果にかかわらず、未病の状態を検知できる予防をめざす最先端検査です。つまり、テロメア強度の結果が良くても、テロメア疲労度が悪いと未病の状態を改善する必要があります。

テロメア強度(遺伝子強度)

・あなたの遺伝子年齢(テロメア年齢)がわかる検査です。
・テロメア年齢で、あなたが加齢疾患に罹りやすいかどうかがわかります。
・テロメア年齢が悪いと、他の人より一層、疾患予防の努力をして、健康維持への対策が必要です。
・テロメア年齢が悪くても、「遺伝子疲労度」を改善すれば発病を防ぐことができます。
・テロメア年齢が良くても喜んではいけません。「遺伝子疲労度」が悪い状態だと発病しやすくなります。
・遺伝子年齢がわかる検査ですが、寿命とは全く関係ありません。

検査結果報告書例

ミアテスト(疾患の早期予測検査)

ミアテストは、血液中を泳いでいる「マイクロRNA」という分子を検査します。3,000以上のマイクロRNAが存在すると言われ、血液中には種々の細胞から約300以上のマイクロRNAを含む微粒子(エクソソーム)が分泌されます。疾患になると、病気特有のマイクロRNAの量が増減します。この変動を検査することで、「がん」や「アルツハイマー」の疾患超早期予測をします。
 
<特徴>
・日本初上陸のマイクロRNAによる疾患早期予測。
・微量のマイクロRNAで検出可能で、疾患の超早期予測が可能。
・採血1本の検査の為簡便。
・1検査で複数のマイクロRNAを同時に測定するため、これまでの検査と比べて検査精度が高い。

マイクロRNAとは?
各組織の細胞が機能するためには、タンパク質が必要です。タンパク質は、我々の遺伝情報と言われている細胞の中にある染色体DNAに保存されています。必要に応じてDNAから「RNA」と言われる分子を介してタンパク質が作られます。RNAには幾つかの種類がありますが、最近注目されているのは、タンパク質を作れない小さなRNA「マイクロRNA」です。このマイクロRNAは、タンパク質を作れないので、ゴミだと思われていましたが、タンパク質を作るのに関与している100以上もの遺伝子の機能制御にしていることが分かってきました。

マイクロRNAの量が異常になると、そのマイクロRNAが制御する100以上もの遺伝子の制御が異常となります。この異常が、がんや生活習慣病など様々な病気の発症と結びついていることが知られています。マイクロRNAは、「エクソソーム」とよばれるウイルスのような小さな粒子に包まれて各組織の細胞から血液中に放出します。
 
このエクソソーム中の疾患特異的な複数のマイクロRNA量の変化を測定し、疾患予測するので高精度、且つ核酸増幅と言われる技術を使用するので高感度で検出できます。現在行われている画像診断よりも早期に予測できます。

がん細胞から分泌されるエクソソームは転移にも関与しています。例えば、乳がんから分泌されるエクソソームは、血液を通して循環しその一部は肺や脳に付着します。その後血液中に出た原発巣のがん細胞は肺や脳に付着したエクソソームを目印に泳ぎ、それらの組織に張り付き転移が起こります。エクソソームは、我々の身体のありとあらゆる体液中に存在し、がんの転移だけでなく、疾患の発症や免疫など生物学的に重要な機能を果たしていると考えられます。

現在下記疾患のミアテストを実施しています。
 
・乳がん
・膵臓がん
・アルツハイマー・認知症

ミアテスト(乳がん)

【乳がんとは】
乳がんは、乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。症状は、しこり、痛み、血液が混じったような分泌物が出る、乳首のただれ、皮膚のくぼみ、赤く腫れたオレンジの皮のように毛穴が目立つ、脇の下のしこり、など実にさまざまです。
 
【乳がん発生の危険因子】

乳がんは、どんな人でもなる可能性がある病気です。特に重要な危険因子に下記8項目が知られています。また、女性ホルモンのエストロゲンは、一部の乳がんの発生に関わっていると言われています。

1.年齢が40歳以上
2.年齢が30歳以上で未婚
3.初産が30歳以上
4.閉経年齢が55歳以上
5.肥満(標準体重の20%以上)
6.乳腺疾患
7.家族に乳がんになった人がいる
8.乳がんになったことがある
 
乳がんは、初期には自覚症状がほとんどなく、知らず知らずのうちがんが進行している場合がほとんどです。また、乳がんは浸潤や転移を起こしやすいがんですので、早期の発見が重要です。
 
ミアテスト(乳がん)は乳がん細胞から分泌される小さな粒子(エクソソーム)中に含まれる乳がん細胞で増減する5種類の分子マーカー(マイクロRNA)を測定し、疾患罹患リスクの評価をします。Q-PCRと呼ばれる少ない分子を増幅させて検出する方法で、血液中に微量に存在する場合でも高感度に検出できます。
小さながん細胞の存在でも検出できる可能性が非常に高く、乳がんのようにこれまで早期発見が難しかった癌の早期発見に有用です。

<検査結果>

ミアテスト(膵臓がん)

【膵臓とは】
消化酵素や血糖値を調整するインスリンやグルカゴンを作る非常に重要な臓器です。
 
【膵がん発症要因と予防】
家族歴:「家族性膵がん」は親子または兄弟姉妹に2人以上の膵がん患者のいる家系の方に発症する
     膵がんです。膵がんの5~10%が家族性膵がんで、家族性膵がん家系の方は一般の方よりも
     膵がんになるリスクが高いとされています。
糖尿病:膵がんの既往歴では糖尿病が25.9%と高頻度であり、糖尿病歴を有する男性では膵がんの
     相対発症リスクが2.1倍、女性では1.5倍であったと報告されています。また米国では膵がん
     の糖尿病合併率が60~80%と報告されています。
慢性膵炎:慢性膵炎患者の死因の43.1%ががんで膵性糖尿病の合併という疾患要因も加わっており、
       慢性膵炎患者の膵がん発症リスクが高率であると考えられています。
肥満:肥満は危険率が3.5倍に増加すると言われています。
喫煙:喫煙により1.6~1.7倍リスクが増加し、10年以上禁煙することで危険率は1以下に低下すると
    言われています。さらに飲酒と喫煙により、危険度は10倍異常になると言われています。
肉類・脂肪の摂取:肉類・脂肪の過剰摂取はリスクを上昇させ、野菜・果物(ビタミンC・食物繊維)の摂取
    は低下させると言われています。
 
膵臓がんは、症状が顕著でなく、がん化の過程が緩やかに進行するため早期発見が難しいがんです。
また、膵臓がんは膵臓周囲への浸潤や転移を起こしやすいがんです。
 
ミアテスト(膵臓がん)は、膵臓がん細胞から分泌される小さな粒子(エクソソーム)中に含まれている膵がん細胞で増減する5種類の分子マーカー(マイクロRNA)を測定し、疾患罹患リスクの評価をします。Q-PCRと呼ばれる少ない分子を増幅させて検出する方法で、血液中に微量に存在する場合でも高感度に検出できます。小さながん細胞の存在でも検出できる可能性が非常に高く、膵がんのようにこれまで早期発見が難しかった癌の早期発見に有用です。

<検査結果>

ミアテスト(アルツハイマー・認知症)

【アルツハイマー・認知症とは】
認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害(認知や記憶障害など)が起こり、生活するうえで支障が出ている状態を指します。認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症、レビー小体病などがこの「変性疾患」にあたります。続いて多いのが、脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために、神経の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その結果その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまう脳血管性認知症です。
 
【アルツハイマー・認知症の危険因子】
脳血管性認知症は、脳の血管障害で起きる病気です。危険因子としては、飲酒、喫煙、高血圧、高脂血症、肥満、心疾患などがあげられます。
アルツハイマー型認知症は、認知症の原因疾患の中では最多で、その危険因子は、遺伝的な要素だけでなく、加齢、食生活、運動不足、飲酒、喫煙、高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病など生活習慣病に関係する因子が関わっていると考えられています。
 
ミアテスト(アルツハイマー・認知症)は、アルツハイマー・認知症に関わる細胞から分泌される小さな粒子(エクソソーム)中に含まれているアルツハイマー・認知症に関わる細胞で増減する数種類の分子マーカー(マイクロRNA)を測定し疾患罹患リスクの評価をします。アルツハイマー・認知症の早期発見に有用です。

<検査結果>

注意事項

・検査は予約制となります。
・10ccの血液を採取します。空腹で採血を行います。
・詳しくは当院へお問合せください。

アンチエイジング

診療時間のご案内
午前9:00~12:30 / 午後15:00~18:00
日曜日・祝日は休診 / 木曜日・土曜日は午後休診
電話番号:054-247-5522
医師別の診療時間・休診
当クリニックへの交通アクセス

病気にならないために!アンチエイジングのすすめ
老化を防ぐ知恵とコツ