グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




3.メタボリック・シンドロームの早期発見

アンチエイジングドックでおこなわれる検査「メタボリック・シンドロームの早期発見」のご案内です。


脂肪組織

脂肪組織

内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)によって、遊離脂肪酸などの悪玉物質が放出され、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を「メタボリックシンドローム」といいます。メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化や動脈硬化につながる生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)を引き起こします。そして、脳卒中や心筋梗塞、狭心症などの重大な病気につながります。ですから、メタボリックシンドロームの段階で予防することがとても重要なのです。
アンチエイジングドックでは、糖尿病や高脂血症のマーカー以外に、動脈硬化を起こす種々のマーカーや、脂肪細胞から放出される悪玉物質(遊離脂肪酸)や善玉物質(アディポネクチン)など、さまざまな測定をおこないます。

アンチエイジング

診療時間のご案内
午前9:00~12:30 / 午後15:00~18:00
日曜日・祝日は休診 / 木曜日・土曜日は午後休診
電話番号:054-247-5522
医師別の診療時間・休診
当クリニックへの交通アクセス

病気にならないために!アンチエイジングのすすめ
老化を防ぐ知恵とコツ