グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




医療関連感染について

講師:中北薬品 白浜営業所 内藤 孝様
医療関連感染に対する予防策と手洗いについて
教えていだたきました。


《 代表的な感染症 》

おたふく、結核、MRSA、風しん、麻疹・はしか、RSウイルス
インフルエンザ、ノロウイルス、腸管出血性大腸菌感染症(O-157)等

《 インフルエンザ・ノロウイルス対策 》

● インフルエンザ対策
  ワクチンの接種、手洗いの遵守、咳エチケット、地域の流行の把握
  物品の清拭消毒については、アルコールを使用すると良い。

● ノロウイルス対策
  ノロウイルスはアルコールが効きにくいため、流水と石鹸による手洗いが効果的である。
  ※流水で手を濡らしてから石鹸を手に取る

  消毒薬には次亜塩素ナトリウム(ハイター、ピューラックス等)を使用すると良い。
  作業時は手袋、マスク、ガウンを着用することが大切。

《 嘔吐物の処理順序 》

  嘔吐処理の前に
  ● 立ち入り制限
  ● 換気(空調確認・窓を開けるなど)
  〈 必要物品:嘔吐物処理セット 〉
  ● 個人防護具(手袋2双以上、マスク、ガウン)
  ● 0.1%次亜塩素酸ナトリウム 500ml 2本 ・ペットボトルキャップ1杯半強+水500ml
                              ・6%原液:8ml×6%÷500ml=約0.1%
  ●ペーパー1袋
  ●ゴミ袋  2袋
  ●バケツまたは小箱

-----------------------------------------

① 嘔吐物、汚物をペーパータオルなどで拭き取る
  ( ポイント )
  ● 必ず手袋とマスクを着用する
  ● 嘔吐物を必ず外側から内側に向けてかき集める
  ● 使用したペーパータオルはすぐにビニール袋に入れる

② ビニール袋に入れたペーパータオルを消毒する
  ( ポイント )
  ● 使用したビニール袋の中に0.1%に希釈した次亜塩素酸ナトリウム
    ペーパータオルが浸る程度の量を入れる

③ ビニール袋の口をしっかり締める
  ( ポイント )
  ● 必ずビニール袋の口は締める
  ● 内容量が多い場合は2重にする

④ 拭き取った後の床を消毒する
  ( ポイント )
  ● 次亜塩素酸ナトリウムを染み込ませたペーパータオルを
    嘔吐物のあった範囲に敷き詰める
  ● 5分~10分程度放置する。ただし、漂白効果があるため注意!

⑤ 手袋の外した後の手指消毒
  ( ポイント )
  ● 手袋には目に見えない穴がある可能性があるため、
    必ず、流水と石鹸、最後に手指消毒剤の使用をすること!

《 擦式アルコール製剤の使用について 》

● 使用するメリット
  消毒効果が高い、手洗いに要する時間の短縮、手荒れを起こしにくくなる

《 手荒れが生じることの問題 》

● 手洗いコンプライアンスの低下が生じる
● 手荒れの部分には細菌が多く存在する

手荒れ対策を行うこと感染対策上重要である

主な手荒れ対策として
  皮膚にあった消毒薬の選択、適切なディスポ手袋の使用
  ハンドクリーム・ローション等を使用して手指のケアをする

《 実践!! 》

今回は普段の手洗いでどれだけ汚れが落ち、
また残っているのかを手洗いチェッカーを使用して実験!

①専用クリーム(汚れにみたてるもの)を両手に塗り込む
②ブラックライトで、専用クリームを確認
③石鹸・ハンドソープで普段と同じように手洗い
④ブラックライトで、専用クリームを再確認

《 講習を終えて 》

そろそろインフルエンザの流行が落ち着いてくるころですが、
常に予防を意識することで、様々な感染から身を守ることができます。
また自分自身が嘔吐物処理をすることになったとき、必要物品の準備、処理手順を
覚えていれば、スムーズに行動でき感染力の拡大もより防げるかもしれません!
手洗いチェッカーでは、自身が思っているよりも、
汚れが落ちていないことにビックリしているスタッフも何人かいました!
指や爪の間など、洗いにくいところをより意識して手洗いしていきたいです。
☆ 自身の予防が周りの予防になります ☆

安心・快適へのこだわり

診療時間のご案内
午前9:00~12:30 / 午後15:00~18:00
日曜日・祝日は休診 / 木曜日・土曜日は午後休診
電話番号:054-247-5522
医師別の診療時間・休診
当クリニックへの交通アクセス

病気にならないために!アンチエイジングのすすめ
老化を防ぐ知恵とコツ