グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ




消化器を中心とした放射線


静岡県立総合病院
放射線部長 主任医長
中島 信明 様

静岡県立静岡病院から講師の先生をお招きし、X線CTの歴史やバーチャル内視鏡、放射線治療などについてお話し頂きました。どれも興味深く勉強させて頂きました。

CT(コンピュータ断層撮影)
X線発生装置から人体に向けてX線を照射し、体内の輪切りの画像を撮影します。
短時間で広範囲の撮影ができます。また、造影剤を体内に投与することにより普段見分けのつかない病変や血管の内部、腫瘍などを明確にすることが出来ます。

MRI検査(磁気共鳴画像診断装置)
人体に電波を照射しその結果体内より放出される極微弱な電波を促えて、画像化します。

MRI検査ではCT検査とひかくして人体組織内への感度が高く、明瞭なコントラストでの画像化が可能となります。

バーチャル大腸内視鏡
大腸に気体を注入して腸管を膨らめてからCT撮影を行い、得られた画像をコンピューターで処理し、大腸内腔の仮想内視鏡画像を構築するものです。

静岡県立総合病院では、バーチャル大腸内視鏡の技術を応用して小腸内宮ウの仮想内視鏡画像を構築する検査方法、バーチャル小腸内視鏡検査を開発され、小腸病変を見つけるため画像検査として日常的に施行しているそうです。この検査により、クローン病の小腸病変、ポリープ、小腸癌、転移性腫瘍、悪性リンパ腫、粘膜下腫瘍、メッケル憩室など、多くの病変が発見され、診断と治療方針の決定に役立てているそうです。

安心・快適へのこだわり

診療時間のご案内
午前9:00~12:30 / 午後15:00~18:00
日曜日・祝日は休診 / 木曜日・土曜日は午後休診
電話番号:054-247-5522
医師別の診療時間・休診
当クリニックへの交通アクセス

病気にならないために!アンチエイジングのすすめ
老化を防ぐ知恵とコツ